実はこんなにたくさん!? 結婚記念日の名前一覧!数え方やおすすめのプレゼントをご紹介

結婚記念日の名前一覧!数え方やおすすめのプレゼントをご紹介
結婚記念日は、夫婦の愛を確かめる大切な記念日です。銀婚式や金婚式は有名ですが、ほかにも名前がついている結婚記念日はたくさんあります。今回は結婚記念日の一覧と名前の由来、その時期にぴったりなプレゼントをご紹介!ご夫婦の素敵な結婚記念日のために、ぜひ参考にしてみてください。

結婚記念日は15年目までは1年ごと、それ以降は5年ごとに名前がついている

結婚記念日は年齢の数え方と同じで、結婚してから1年たつと1周年になります。結婚記念日を定める際に、特に決まりはありませんが、入籍した日を結婚記念日にする方が多いです。

結婚記念日は15年目までは1年ごと、それ以降は5年ごとにそれぞれ名前が付けられており、紙や藁のような柔らかいものからダイヤモンドやプラチナのような丈夫で硬いものに例えられています。記念日の名前にちなんだ贈り物をするのもおすすめです。

1年目:紙婚式

紙婚式(かみこんしき)は、白紙の状態から将来の夢を願うという意味があります。1年間の思い出をまとめたアルバムや、お揃いの手帳など紙にちなんだプレゼントを贈るのがおすすめです。

2年目:藁婚式・綿婚式

藁婚式(わらこんしき)・綿婚式(めんこんしき)は、2人の関係が藁や綿のようにもろいことを表しています。おすすめのプレゼントは、綿にちなんでハンカチやシャツなどの木綿製品やクッションです。お互いにプレゼントを贈りあって夫婦生活を充実させましょう。

3年目:革婚式

結婚3年目を迎えると倦怠期に突入する夫婦も多くなります。そんな革婚式(かわこんしき)には、倦怠期を革のように粘り強く乗り越えようという意味が込められています。革製品は使い込むほどに味が出るので、毎日使うものがおすすめ。男性にはベルトやICカードホルダー、女性にはお財布やバッグ、メガネケースなどが人気です。

4年目:花婚式・書籍婚式

結婚4年目は、地に根を生やして花を咲かせる様子から結婚生活の安定を意味する花婚式(はなこんしき)と、日々の思い出を本のページのように振り返る機会を持ちたいという書籍婚式(しょせきこんしき)の2つの名前があります。女性にはおしゃれなハーバリウムやドライフラワーなどの花を使ったインテリアが特に人気。本を読むのが好きな夫婦なら、お互いの好きな本を贈りあうのがおすすめです。

5年目:木婚式

木婚式(もっこんしき)は夫婦がやっと1本の木のようにしっかりと根を張り、一体となって未来へ進んでいこうという意味があります。木で作られた箸やカラトリー、観葉植物がぴったり。家に庭がある方は木を植えて、結婚5年目の記念を祝うのも素敵です。

6年目:鉄婚式

鉄婚式(てつこんしき)には、お互いの絆をより強くしていくという意味があります。料理が好きな方には包丁やフライパン、2人で過ごす時間を大切にしたい方はペアタンブラーなどの鉄製品をプレゼントしてお祝いしましょう。

7年目:銅婚式

銅婚式(どうこんしき)は、結婚生活の安定を銅に例えて名づけられました。銅製品でおすすめなのは銅の花瓶。銅の抗菌作用によって、花がより長持ちします。7年目の結婚記念日は別名・毛織物婚式(けおりものこんしき)とも呼ばれており、結婚記念日が寒い時期の方はマフラーやニットなどの毛織物をプレゼントするのもおすすめです。

8年目:ゴム婚式・青銅婚式

ゴム婚式には、少しのことではちぎれない弾力性を常に持ち続けていようという意味があり、青銅婚式(せいどうこんしき)には、銅と錫(すず)を混ぜてつくられた青銅になぞらえて、お互いに混ざり合うことで強度と美しさが増すような関係にしていこうという意味が込められています。混ざりあって作られる青銅のように、お互いの好きなアロマをブレンドしたアロマオイルを作って、家にいる時間を充実させるのも素敵です。別名・電気器具婚式とも呼ばれており、買い替え時の電気製品を2人で一緒に買いに行くのも思い出になります。

9年目:陶器婚式

陶器婚式(とうきこんしき)には陶器のように夫婦の関係を壊さず、お互いを大切していこうという意味が込められています。2人のお茶碗や食器類などの陶器類を一新する機会にもぴったり。奮発して高級な食器を買うのもおすすめです。

10年目:錫婚式・アルミ婚式

錫婚式(すずこんしき)・アルミ婚式には、錫やアルミのように美しさと柔らかさを持つ夫婦になろうという意味があります。お酒が好きな方には、錫で作られたタンブラーやおちょこがおすすめ。錫は熱伝導率が高く、お酒がまろやかな口当たりになります。さびにくく、お手入れも簡単です。また10年という節目のため、結婚指輪を新調してお祝いする方もいます。

11年目:鋼鉄婚式

11年目の鋼鉄婚式(こうてつこんしき)には、錫やアルミよりも硬い鋼鉄のように強い愛の絆で結ばれるという意味があります。ゴルフが趣味の方にはゴルフクラブを、料理が好きな方には包丁やフライパンなどの金属類をプレゼントするのがおすすめ。プレゼントに名前が彫刻できるものを選ぶと、より特別感を演出できます。

12年目:絹婚式・亜麻婚式

絹婚式(きぬこんしき)・亜麻婚式(あまこんしき)は、絹のようにきめ細やかな2人の愛情という意味が込められています。男性にはネクタイ、女性にはスカーフやショールなど普段は手が出ない高級な絹製品をプレゼントしましょう。2人で使うベッドやパジャマを絹製品に変えてみるのもおすすめです。

13年目:レース婚式

レース婚式は、今までの夫婦生活がレースのようにひと針ずつ美しく織りなしていることに例えられています。女性にはハンカチや日傘などのレース刺繍品を、男性へのプレゼントに悩んでいる方には、カーテンやテーブルクロスなど夫婦の生活に取り入れられるものを購入するのがおすすめ。これまでの夫婦生活を振り返って、夫婦の絆をさらに強くする機会にしてみてください。

14年目:象牙婚式

象牙婚式(ぞうげこんしき)は、象牙のように歳月を重ねて夫婦の絆が強くなることを表しています。今までの象牙婚式は、象牙の印鑑がプレゼントの定番でしたが、最近はしきたりにとらわれず実用的なものをプレゼントする日になりました。14年目に入ると毎日が忙しく慌ただしいですが、そんな時こそ記念日を大切にしましょう。

15年目:水晶婚式

水晶婚式(すいしょうこんしき)は、水晶のような透明で曇りのない信頼を意味しています。女性には水晶のネックレスやペンダント、ブレスレットなどがおすすめです。水晶と関連のあるクォーツ式の腕時計をプレゼントする方もいます。
毎年続いた○○婚式はここで最後。5年後に向けて頑張ろうという気持ちを共有するためにも、豪華なプレゼントを贈ってみましょう。

20年目:磁器婚式

磁器婚式(じきこんしき)は、5年ぶりに訪れた名前のある結婚記念日。磁器のように年代と共に風合いに深みが増す夫婦の絆の深さを表しています。家族みんなでお揃いの磁器の食器に買い替えるのもおすすめです。素敵な食器で食卓を華やかにしましょう。
子供からのプレゼントなら、手作りのアルバムや疲れを癒すグッズがおすすめ。感謝の気持ちとともにプレゼントを贈れば、きっと2人も喜んでくれます。

25年目:銀婚式

結婚記念日の節目としても有名な銀婚式(ぎんこんしき)は、磨けば光る銀のような奥深い美しさを意味しています。女性には銀色のアクセサリーやカラトリー、男性には銀色の時計やネクタイピンがおすすめです。お揃いのシルバーのスマホに買い替える方もいます。
普段の結婚記念日でプレゼントを渡さなかった夫婦も、銀婚式の機会にぜひお互いにプレゼントしてみてください。

30年目:真珠婚式

真珠婚式(しんじゅこんしき)は「富」「健康」「長寿」といった意味を持つ真珠をモチーフに名付けられています。定番は指輪やネックレスなど真珠の装飾品。男性にはいつまでもかっこよくいられるようにと真珠のカフスボタンを贈るのがおすすめです。

35年目:珊瑚婚式

珊瑚婚式(さんごこんしき)は長い年月をかけて成長する珊瑚に例えて、夫婦の絆をこれからも成長させていこうという意味が込められています。珊瑚でできたアクセサリーや珊瑚色(コーラルカラー)のプレゼントを交換し合うのが一般的です。珊瑚礁が見られる海への旅行をプレゼントされる方もいます。

40年目:ルビー婚式

ルビーの石言葉である「情熱」と「深い愛情」のように、ルビー婚式には深い信頼と愛を確かめ合うという意味が込められています。プレゼントには指輪やネックレス、ブローチなどのルビーの装飾品はもちろん、ルビーを彷彿とさせる赤ワインや深紅のバラが人気です。

45年目:サファイア婚式

「誠実」「慈愛」という石言葉を持つサファイアのように、サファイア婚式では2人が長く歩んできた誠実な結婚生活を祝うという意味が込められています。ルビー婚式と同様、サファイアのアクセサリーやサファイア色(青色)のプレゼントを贈る方が多いです。サファイア婚式の時期に定年を迎える夫婦も多いので、両親へ旅行をプレゼントされる方もいます。

50年目:金婚式

金婚式(きんこんしき)は、きらきらと光り輝く黄金のような豊かな夫婦関係を表し、2人で過ごしてきた年月は大変価値のあるものという意味が込められています。金婚式は夫婦2人で祝うよりも、子供や孫が中心となって家族や親戚と祝うのが一般的です。事前にしっかりと準備して、当日は盛大にお祝いしましょう。

55年目:エメラルド婚式

エメラルド婚式は、エメラルドのように静かで穏やかな夫婦の生活を表しています。こちらも名前にちなんでエメラルドのアクセサリーが定番。旅行をプレゼントしたい場合は、エメラルドグリーンの海が見られる場所がおすすめです。

60年目:ダイヤモンド婚式

ダイヤモンド婚式は、ダイヤモンドの石言葉である「永遠の絆」「変わらぬ愛」になぞらえて夫婦2人の絆の強さを表しています。記念日の名前にちなんだ装飾品を贈るのが伝統ですが、高齢になり装飾品がいらないという方も多いと考えられます。そのときは、家族みんなで集まってお祝いの会を開いたり、みんなでお出かけに行ったりしてお祝いしましょう。

65年目:ブルースターサファイア婚式

ブルースターサファイア婚式では、硬く傷つきにくいブルースターサファイアの特徴になぞらえて、65年もの長い年月を夫婦で耐え抜いたことを意味しています。夫婦で祝うなら、お揃いものをプレゼントするのがおすすめ。新婚のときの新鮮な気持ちを思い出すきっかけになります。子供や孫からプレゼントするなら、実用的なものや健康グッズがおすすめ。特に離れて暮らしている場合には、欲しいものを事前に聞いておくと確実です。

70年目:プラチナ婚式 

プラチナ婚式は、プラチナの石言葉である「婚姻の約束」「強い絆」になぞらえて婚姻の約束をしたときと同じように、これからも強い絆で歩んでいこうという意味が込められています。プラチナは長時間つけていてもアレルギーが出にくいため、アクセサリーの中でも特に人気です。○○婚式という名前の結婚記念日はこれで最後。歴代の結婚記念日の思い出をアルバムにして振り返るのもおすすめです。忘れられない70年目の結婚記念日にしましょう!

結婚記念日ごとに素敵なお祝いを

今回は名前の付いた結婚記念日の由来やおすすめのプレゼントについてご紹介しました。
一般的に、夫から妻には少し高価で手が出ないもの、妻から夫にはお酒や趣味のグッズ、子供から両親には感謝の気持ちを添えた手作りのプレゼントや旅行などが喜ばれます。記念日の名前にちなんだプレゼントを贈れば、忘れられない記念日になること間違いなし!ぜひプレゼントを贈りあって素敵な結婚記念日にしてください。