【結婚祝い】同僚の結婚祝いに何贈る?相場やプレゼントの選び方とは

会社の同僚へ結婚祝いを贈るとき何を贈ればいいのか、贈ってはいけないものはあるのかなど、結婚祝いのマナーに不安を感じている人は多いはず。そこで、こちらでは同僚の結婚祝いのプレゼント選びでお悩みの方に役立つプレゼントの相場やマナー、押さえてほしいポイントをご紹介します。同僚への結婚祝いのプレゼントを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

同僚の結婚祝いのプレゼント選びで押さえたいポイントは?

会社の同僚へ結婚祝いを贈るとき何を贈ればいいのか、贈ってはいけないものはあるのかなど、結婚祝いのマナーに不安を感じている人は多いはず。 そこで、こちらでは同僚の結婚祝いのプレゼント選びでお悩みの方に役立つプレゼントの相場やマナー、押さえてほしいポイントをご紹介します。同僚への結婚祝いのプレゼントを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

同僚の結婚祝いのプレゼント選びで押さえたいポイントは?

会社の同僚へ贈る結婚祝いのプレゼントを選ぶとき、同僚がどんなモノや色が好きなのか、好みを知っていれば選びやすいですが、わからないときは好まれるものをリサーチしておくのがおすすめです。 また、結婚祝いを贈るときの冠婚葬祭のマナーとして相場や渡すタイミングも知っておくと安心ですね。 では、読んでおけば役に立つ同僚への結婚祝いのプレゼント選びで押さえておきたいポイントをご紹介しましょう。

同僚の性別や年代で好まれるものをリサーチ

同僚へ結婚祝いを贈るなら、喜んでくれるプレゼントを選びたいですよね。店頭やネットショップなどで売り出されている結婚祝いにおすすめのアイテムもありますが、喜んでくれるプレゼントになるかどうかはわかりません。 一般的に、結婚祝いでもらって嬉しかったプレゼントに「現金・商品券」があります。現金・商品券なら、もらった相手が自分の好きなものを購入できるので、嬉しいプレゼントになるのでしょう。同じように自由度が高いプレゼントとして、じわじわと注目を集めているのがカタログギフトです。カタログ内にあるギフトから、好きなアイテムを選べる楽しみと、贈る側には選ぶ手間が省けるというメリットがあります。 次に喜ばれているのが「キッチンアイテム・家電」です。キッチン家電は高価なものが多いですし、若い人に好まれるデザイン性に優れた家電も多くあります。他にも、ペアで使えるおしゃれなプレゼントに「カップ・グラス」も結婚祝いにおすすめです。見栄えだけでなく、実用性にも優れています。 20台前半の若い夫婦だと、一人暮らしの経験が少なく、生活家電をこれから揃えるカップルもいるので、おしゃれなキッチン家電は喜ばれるでしょう。30代なら夫婦を意識したアイテムなども喜ばれます。プレゼントを贈るのは同僚ですが、パートナーを意識したプレゼントは大変嬉しいものです。 自由度の高い「現金・商品券」も確かに魅力的ではありますが、ここは贈る側も贈られる側も思い出に残るプレゼントをしっかりとリサーチして選びましょう。

結婚祝いの相場はいくら?

冠婚葬祭のマナーは地域によっても異なりますが、一般的なご祝儀の相場は結婚披露宴に出席したときが3万円です。もし、同僚よりも先に結婚していてご祝儀をいただいている場合、同僚からのご祝儀額より下回るのはマナー違反になってしまうのでご注意ください。 ご祝儀だけでなく、結婚祝いのプレゼントを贈るときも相場の3万円のうち半分ずつに分けて用意するのがおすすめです。 結婚披露宴に出席しない場合のご祝儀相場は1万円になります。他部署の同僚の結婚式で、披露宴には招待されていないけど仲間同士で結婚祝いを贈りたいときは、ご祝儀袋に氏名や住所を記載した紙を入れて「○○一同」を祝儀袋に記して渡しましょう。

同僚へ結婚祝いを贈るタイミングとは?

結婚はおめでたいことだから、早くプレゼントを渡したいと思うものです。しかし、結婚式の前は準備で忙しく、式の後は新婚旅行に行っている可能性もあります。 結婚祝いを贈るタイミングは、披露宴や挙式日の1~2カ月前がおすすめです。お互いに仕事やプライベートなど都合が悪くて会えなかったときは、1週間前までに贈れば問題はありません。 贈るタイミングを逃してしまったから、披露宴当日に渡そう!と考える方もいますが、同僚の荷物が増えてしまいますので避けてください。その際は披露宴のときに「目録」を渡し、後日同僚の自宅へ郵送しましょう。 披露宴に招待されていない場合も同様に、披露宴から1カ月以内を目安にプレゼントを手配しておくのがマナーになります。 早く準備して渡したい気持ちは大切ですが、贈るタイミングによっては慌ただしい状況の中で気持ちも上手く伝わりません。結婚式前の準備や新婚旅行などのタイミングは、人によっても異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

贈ってはいけないものはある?

結婚というお祝いの場だからこそ、プレゼントを贈るときのマナーは守りたいものです。一般的に刃物類は「切れる=縁が切れる」というイメージがあるため、プレゼントに選んではいけません。 また、陶器の食器も「割れる」というイメージがあるため、プレゼントで贈るのは避けた方がよいでしょう。 しかし、結婚祝いでもらって嬉しいプレゼントの上位にキッチンアイテムがあります。ペアグラスやペア茶碗などは、結婚祝いのギフトとして人気があるので、気になる方は覚えておいてくださいね。食器類をプレゼントするときはペアか奇数であれば問題ありませんが、割り切れる数字は「別れ」を連想させるため避けるようにしましょう。 どんなプレゼントを選んでも同僚の幸せを祝福する気持ちが一番大切です。同僚の喜ぶ顔やリアクションを想像しながら素敵な結婚祝いのプレゼントを選んでみてください。

同僚の結婚祝いにおすすめのプレゼント

同僚の結婚祝いのプレゼントを選ぶときは、「自分も欲しいな」「こういうモノがあったらいいな」と思うモノを選ぶのがポイントです。非日常体験を満喫できるプレゼントや便利な家電など、同僚への結婚祝いにおすすめのプレゼントを5つ紹介しましょう。

ヘリコプタークルージング

asoview!GIFTで確認する

楽天市場で確認する

Amazonで確認する

TANPで確認する

Yahoo!ショッピングで確認する

横浜(神奈川)や東京の夜景を高度500mから眺められるヘリコプタークルージングは、週末デートにおすすめです。特別な空間での絶景鑑賞はまさに夢のよう!結婚記念日はもちろん、各種アニバーサリーを一生忘れられないものにしてくれます。

熱気球

地上とロープでつなぐ係留フライトと本格的なフリーフライトが楽しめる熱気球。風を感じながら360℃広がる絶景を二人で楽しんでもらいましょう。なかなか体験できないからこそ、結婚祝いのプレゼントにおすすめです。

ルクルーゼ

ルクルーゼはフランス製のキッチンアイテムです。鋳物ホーローウエアは熱伝導率と高い蓄熱性など、実用性に優れています。カラフルでおしゃれな見た目は若い世代を中心に、結婚祝いのプレゼントに多く選ばれています。 少ない水量でじっくりと火を通していくため、煮崩れしにくく食材のうまみが引き出され、いつもの料理でもルクルーゼで作ったら美味しくなるんです。耐久性も高く、手入れもしやすいので長く愛用できます。 結婚後の食卓を彩るルクルーゼは、結婚祝いのプレゼントにおすすめです。

お掃除ロボットのルンバ

毎日、仕事で疲れていて掃除ができない、誰か掃除して欲しい!そんな願いを叶えてくれるのがお掃除ロボットのルンバです。タイマーを設定しておけば希望の時間にお掃除をしてくれたり、中には便利な拭き掃除機能が付いていたりなど、機能性にも優れています。 自分で買うと怠けているような気になりますが、プレゼントしてもらえるなら罪悪感なく使えるものです。ルンバは低価格のモデルでも4万円を超えるので、複数人のご祝儀と合わせて贈るプレゼントにおすすめですよ。

クイジナート コーヒーメーカー

毎日、淹れたてのコーヒーの香りで朝を迎えられたら最高ですよね。クイジナートのコーヒーメーカーなら、二人で過ごす朝をちょっと贅沢にしてくれます。 タイマー機能を使えば毎朝、豆から挽いたコーヒーが飲めるので、コーヒー好きの同僚なら最高に喜んでくれますね。 https://tanp.jp/products/view/1057?a8=A1bBK1OaoPiXUIhBsthX055aFaIHiSUERtiXOPrGCXmaoPb4LP.nh0b4iSIJkJ.iTXNSGublT1bBes00000019261001

 

同僚の結婚祝いに贈りたい体験ギフト

欲しかったキッチンアイテムや家電をもらえたら、間違いなく喜ばれるでしょう。しかし、モノはいつか壊れてしまう可能性があります。一生に一度の大切なアニバーサリーを祝うプレゼントに、一生思い出に残るプレゼントを贈りたい。そんな想いを込めたプレゼントにぴったりなのが、体験ギフトです。 こちらでは体験ギフトを贈ろうと検討されている方のために、体験ギフトの説明と同僚への結婚祝いにおすすめの体験ギフトを3つご紹介します。

体験ギフトって何?

「使って無くなるモノより一生残る思い出を贈りたい!」そんな想いを叶えてくれるのが体験ギフトです。 性別・年代問わず楽しめる海や川、山でのアクティビティはもちろん、ファミリーやカップルにおすすめのジュエリー製作や陶芸などのモノづくり体験。温泉で日ごろの疲れを癒してもいいですし、レストランでのショー鑑賞など、体験&遊びのプランが満載です。 豊富なラインナップから、お好みの体験プランを選べるチケットは、商品券とカタログギフトを合わせたような充実ぶりで、喜ばれること間違いありません。結婚祝いのプレゼントはもちろん、週末レジャーに思い出をたくさん作ってほしい!そんな想いを込めたプレゼントにぴったりです。

同僚におすすめの体験を3つ紹介

世界に一つの二人だけのアクセサリーを手づくりしよう

一生に一度の特別なアニバーサリーだからこそ、思い出になる体験を贈りたいですよね。同僚の大切なパートナーにも喜んでもらえるおすすめの体験を紹介しましょう。 名古屋のアクセサリー&彫金教室で、二人だけのアクセサリーを自分たちで手づくりできるプランです。作業時間は2時間、作った当日に持ち帰りOKなのも嬉しいですね。プロと同じ工具を使用するので、本格的な製作工程を楽しめます! 駅近で利便性抜群なので週末デートにもおすすめです。

新婚旅行で沖縄の海を満喫してほしい!

新婚旅行で沖縄に行くなら、マリンレジャーを体験してほしいですよね。神秘的な空間で人気の高い「青の洞窟」でSUP体験ができます。出発前にしっかりレクチャーを受けるので初心者でも安心です。洞窟に着いたらシュノーケリング体験を楽しめます。 沖縄の海を一日中満喫できる充実プランです。

項目内容 標高1,300mで満喫するナイトツアー

愛媛県にある標高1,300mの霊山・石鎚山で幻想的な星空を観察するナイトツアーです。駅からロープウェイで山頂まで行くのでアクセスも便利。山頂に着いたら、照明を落として星空観察がスタートします! 神秘的な空間を楽しめるのでおすすめです。

まとめ

結婚祝いのプレゼントを選ぶときは、同僚だけでなく、同僚のパートナーのことも考えて選ぶのがおすすめです。 二人の生活を彩る生活アイテムも素敵ですが、体験ギフトなら二人の一生の思い出になります。豊富な非日常体験の中から選ぶ楽しさ、ドキドキとワクワクの体験ギフトをぜひ同僚への結婚祝いに贈ってみてくださいね。