【シーン別】感謝の思いを伝えよう、母の日に贈る定番メッセージ例文集

母の日に感謝の気持ちを込めてメッセージを贈るときに気持ちをどのように言語化すればいいか悩んでいることはありませんか。いつも家族のために日頃から頑張っているお母さんに感謝を伝えるときに抑えるポイントとメッセージの文例をここではご紹介します。

メッセージはどうやって書く?

長文になる場合「手紙」

日頃近くに行くからこそ感謝を伝える機会が少なくなっていませんか。ちょっと照れ臭いかもしれませんが、ぜひ母の日に日頃の感謝を手紙につづってみるのもいいでしょう。

短文の場合「メッセージカード」

感謝をうまく伝えるの苦手なひとは、メッセージカードで伝えてみるのもいいでしょう。市販でおしゃれなメッセージカードも売っていますし、手作りでメッセージカードを作ってみるのもいいですね。気持ちを込めて手作りで作ればお母さんもより喜んでくれること間違いなし。

メッセージを贈る時のポイント

感謝の気持ちを伝えよう

日頃、お母さんに助けられているシーンを想像してみましょう。家の家事やお迎えなど、お母さんとから離れ一人暮らしの人は生活を通してお母さんのありがたさを感じるのではないでしょうか。まずはじめにお母さんへ日頃の感謝を伝えましょう。

シンプルに伝えたい思いを伝えよう

できるだけ、伝えたいことをシンプルにしてみましょう。文章の長さを気にせず自分が伝えたいことをまとめてメッセージにします。手紙の場合、いきなり書くのではなく、伝えたいことを箇条書きでまとめてから書き始めるとまとまったメッセージが書けますよ。

なるべく手書きで書こう

せっかくのメッセージなので手書きで書きましょう。字の汚さなどは関係ありません。大事なのは伝えたいという思いなので、自分自身の字で書いた手紙はお母さんにとってもとっておきのプレゼントになりますよ。

メッセージ文例集

自分のお母さん

自分のお母さん(別居)

義理のお母さん

【番外編】そのほかのメッセージ集

英語でのメッセージ

おばあちゃんに贈るメッセージ

母の日に思い出をプレゼントしませんか

お花や手紙と一緒に、一生の思い出になる体験をプレゼントしてみませんか。今話題のフラワーアレンジメントやハーバリウム体験ではオリジナルのすてきなお花がつくれちゃいます。お母さんと二人で素敵な母の日の思い出が作れますよ。

asoview!GIFTで確認する

楽天市場で確認する

Amazonで確認する

TANPで確認する

Yahoo!ショッピングで確認する