ご祝儀袋の選び方・書き方・包み方を解説!知っていると役立つマナー

大切な人のお祝いに渡すご祝儀。渡し方や用意のしかたで悩んだことはありませんか?そんなときに役立つように、ご祝儀を渡すときに知っておきたいマナーをご紹介します。袋の選び方や表書きの書き方、金額相場を把握して、気持ちのよいお祝いにしましょう。

ご祝儀袋とはお祝い行事の謝礼

そもそもご祝儀とは、お祝い行事でお世話やお手伝いをしてくださる方へのお礼であり、その気持ちを示すためにお金を渡します。
現在はとくに、結婚や出産のお祝いを指し、ご祝儀袋で包んだお金を渡す風習が定着しています。相手に気持ちをちゃんと伝えるためにも、ご祝儀のマナーを覚えておきたいですね。

​​​photo:PIXTA

ご祝儀袋は金額に合わせて選ぶのがマナー

水引は「結びきり」を選ぶ

ご祝儀袋の水引(みずひき)は、結び方と色で意味が異なります。その場に適した袋を用意しましょう。とくに結婚式において、何度でも結びなおせる蝶結びの水引を選ぶのはマナー違反です。一度結んだらほどけない、結びきりの水引を選びましょう。結婚式のご祝儀袋で一般的なのは、「あわじ結び」や「輪結び」の水引です。

また、結婚式で渡すご祝儀袋は、右上に熨斗(のし)が付いているものを選びます。熨斗がないものはお見舞いなどに用いる袋なので注意しましょう。

ご祝儀の金額相場は“割り切れる”金額以外が無難

photo:PIXTA

ご祝儀の金額は割り切れない金額にするのが無難です。割り切れる額でも9万円は縁起が悪いためふさわしくないほか、偶数でも8万円は演技が良いため好まれます。一般的には3万円や5万円が相場です。

夫婦でひとつのご祝儀を送る場合は、2人分で奇数の金額となるよう調整しましょう。ひとり分を3万円とするのであれば、2人で5万円か、7万円が相場ですね。ただ最近では、ペアという意味があり縁起が良いため、夫婦で2万円のご祝儀もよく見かけます。

金額にあったご祝儀袋を

photo:PIXTA

金額に袋が見合っていないと、相手に変な印象を与えてしまいます。相手との関係や包む金額によって、適切なデザインのご祝儀袋を選びましょう。

1~3万円程度のご祝儀袋

3万円までのご祝儀を贈る場合、紅白か金銀の水引が使われたご祝儀袋が基本です。

3~5万円程度のご祝儀袋

金銀の結びきり水引と装飾のあるご祝儀袋が良いでしょう。

5万円以上・10万円以上のご祝儀袋

華やかな飾りの水引や、上質な和紙の使われたご祝儀袋が適しています。鶴や亀など、縁起物の描かれたデザインを選ぶのも良いです。

子どもがいる場合のご祝儀

子どもを連れて結婚式に出席する場合は、人数分の料理代や席料を考えて金額を上乗せするのが良いでしょう。

招かれた披露宴に欠席の場合

招待されたものの最初から欠席することが決まっていた場合は、1万円ほどを目安に結婚式の1週間前までに郵送か手渡しで贈ります。ただ、ご祝儀を贈るかどうかどうかは相手との間柄にもよるので、プレゼントや電報のみを贈っても、失礼に当たるとは限りません。

ご祝儀袋を買える場所

ご祝儀袋は、スーパーやコンビニ、百貨店などの文具コーナーで購入できます。贈る相手や金額に応じて適したご祝儀袋は変わるので、時間に余裕を持って用意しておきたいですね。

袋選びについて、色は白がフォーマルです。友人に送る場合は色付きでもよいかもしれませんが、基本的には白いご祝儀袋を選ぶようにしましょう。

ご祝儀にボールペンでの記載はNG

photo:PIXTA

ご祝儀袋に名前や金額、住所を書くときは、毛筆や筆ペンを使いましょう。サインペンでも構いませんが、ボールペンや万年筆など、線の細い筆記用具は好ましくありません。

書くときは、濃い黒色ではっきりと、わかりやすい字を書くのが良いです。

ご祝儀の表書きの書き方とマナー

photo:PIXTA

ひとりの書き方

ひとりの場合は、水引の下にフルネームで名前を書きます。名目の「寿」よりも小さく書くとバランスがよく見えます。

連名の書き方

夫婦の場合は、右側に夫の名前を書き、左側に妻の名前を書きます。苗字はそれぞれに書いても問題ありませんし、夫のみ書けば夫婦であることがわかりやすくなります。

会社の同僚と出す場合は目上の方を右側に書きます。

4名以上の団体で贈る場合は、代表者の名前を右側に書き、その隣に「外一同」と書きます。そして、別の紙に全員の名前を書いて中包みに同封します。別紙は表書きと同様に、地位や年齢の高い方が右側となるように名前を書きます。地位、年齢に違いのない場合は、五十音順で書きましょう。

ご祝儀袋の中袋の書き方から入れ方まで

photo:PIXTA

中袋の書き方

表面の中央に、金額を毛筆や筆ペンで書きます。金額の漢字は

三 → 参
万 → 萬

のように、旧漢字を使用しましょう。

裏に金額の記入欄のみ印刷してある中袋の場合

中袋の裏面に金額の記入する枠が印刷されているときは、そこへ金額を書きます。表側へ別に金額を書く必要はありません。またその場合、名前や住所は裏面の空いた部分に書きましょう。左下に書くのが基本ですが、書ききれない場合は中央からはみ出ても問題ありません。

住所などの記入欄が印刷されている中袋の場合

名前や住所の記入欄がすでに印刷されているときは、欄に従って必要事項を記入しましょう。

横向きで金額を書く場合

記入欄の都合などにより金額を横向きで書く場合は、算用数字でも漢数字のどちらで書いても大丈夫です。算用数字で書くときは、「金 30,000円」のように書きましょう。

裏面には、後で誰からのご祝儀かわかるよう、住所と名前を書きます。住所の番地は「○ー○」のように省略した形ではなく、「○丁目○番地」のように正式な書き方が望ましいでしょう。郵便番号も書くと、丁寧でより良いです。横書きの場合は算用数字で書きますが、縦書きの場合は基本、漢数字で書きます。数字の「0」は、「〇」もしくは「零」で書きましょう。

住所にマンションの名前などを書くとき、カタカナや漢字であれば縦書きにできますが、名前にアルファベットが入る際は書き方に困ることもあるのではないでしょうか。カナ文字と同じように縦書きで書いても構いませんし、アルファベットの部分のみ横書きで書いたほうがわかりやすいのであれば、横書きでも問題ありません。

中袋にのり付けの必要はなし

結婚式当日に大量のご祝儀袋を開ける際、中袋がのり付けされていると開けるのに手間がかかってしまいます。ご新郎ご新婦の負担を減らすためにも、中袋にのり付けはせず、お札が落ちないよう折りたたみましょう。

ご祝儀袋の包み方は顔側が表

ご祝儀袋の中袋にお金を入れるとき、袋の表側にお札の表面が来るように入れましょう。さらに、出したときにお札の肖像画が見える向きに入れるのがマナーです。

中袋を半紙で作る場合、以下の手順で半紙を折ります。

斜めにした半紙に紙幣を置き、紙幣の下端に合わせて半紙の角を折り上げる
 ↓
紙幣の左端に合わせて左の角を折る
 ↓
右端に合わせて右の角を折る
 ↓
上の角も折り、余った部分を内側に折り込めば完成

縦にしたとき、左上に半紙の欠けた部分があればOKです。右下が欠けているのは弔事の折り方なので注意しましょう。

中袋の準備ができたら、中袋を上包みに入れます。上包みは、左を折ってから右を折りたたみ、上を折ってから下をたたみます。「何事も上向きになるように」という意味をこめて、裏面を見たときに折り返した部分が上を向くようにするのがマナーです。逆に、折り返しが下を向いているのは不祝儀向けの折り方なので、間違えないように注意しましょう。

ご祝儀袋を書いた後から渡すまで

photo:PIXTA

袱紗(ふくさ)に包んで渡すと格上げ

ご祝儀袋はそのまま持っていくと汚れたり端が折れたりしてしまうため、袱紗に包んで持っていくのがマナーです。

包む手順も理解しておこう

袱紗への包み方は、お祝い事とお悔やみ事で異なります。結婚式では、袱紗の上にご祝儀袋をのせ、左、上、下、右の順に袱紗を折り畳みます。

受付でのご祝儀袋の渡し方

受付の手前や並んでいる最中に袱紗を取り出し、自分の番になったらお祝いの言葉と新郎新婦との関係を伝えます。そして、袱紗からご祝儀袋を出し、両手で渡します。

参加できないときご祝儀は1週間前に渡すのがマナー

photo:PIXTA

当日参加できない場合、ご祝儀は結婚式の1週間前までに渡すのが良いです。郵送するなら、ご祝儀袋を書留専用の封筒に入れ、現金書留で送りましょう。

マナーを守って心のこもったお祝いを!

結婚や出産のお祝いなど、歳を重ねるにつれ、ご祝儀袋を使用する機会は増えていきます。咄嗟なときでも、せっかくのお祝い事に水を差さないよう、一般的なマナーは身につけておきたいところ。何かわからないときは、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてください。